建築設備の設計・施工 東邦電気産業の施工実績(京都橘大学)

HOME > 施工実績 > 施工事例(京都橘大学)

自分の家を造る気持ちで施工に臨む

橘大学様の新学科増築に伴う新築工事において、電気設備の部分をすべてお任せいただきました。
クライアント及び設計事務所と毎週のように打合せや協議を重ね、施工計画・施工図・詳細図を作成し、建築工事との調整打ち合わせ並びに施工者に指示指導し現場管理を行っていくという、電気設備全般の現場管理業務が今回のミッションでした。
クライアントからは「技術的な提案はお願いし、全員が自分の家を造る気持ちで、思いを込めて工事を進め、敷地内外での学生・一般者とのトラブル防止に努めてほしい」という要望をいただき、それに応える形で工事導線と学生通路の導線を明確に指示し、全員に安全規則を教育し、第三者災害の防止に努めました。

京都橘大学 外観

過密スケジュールの壁を越える

今回の案件は過密スケジュールの中、インフラ部・新築部・学校行事との工程調整を随時図り、工事工程をできるだけ先行し、ピーク時の極端な山積をなくすことで、作業量の平均化を図る事ができました。
建築工事と電気工事が別途発注ということで、超えるべき壁は高かったのですが、創意と工夫、そして熱意でこの壁を乗り越えました。

この物件は、建築意匠の手摺内に照明を一体化することによって、デザイン性のある建物に仕上がっています。
外壁アスロック面には、外灯を取り付ける止水要領として2重、3重の漏水防止策を検討し、施工完了後、実際に漏水試験を実施するなど、細かなディテールにもこだわり、配慮して設計をしています。

LED照明を提案。採用されました。

今回、学校校内にはじめてLED照明を提案。そしてその案が採用されました。
LED照明は、低い消費電力で従来の照明と同水準の明るさを実現できるなど、環境面でのメリットも大きく、それが採用されたことをたいへん嬉しく感じています。

橘大学、山下設計、熊谷組、各業者様の協力があってこそ良い建物が出来たのだと思いますし、これからも良い仕事を積み重ねていけたらと考えています。

京都橘大学 カフェテリア