建築設備の設計・施工 東邦電気産業の先輩社員の声

HOME > 採用情報(先輩社員の声-1)

先輩社員の声「奥村雄一」

【担当している仕事内容】

 建築物の新築・実装・工場設備のユーティリティー工事において、電気を必要とする全ての電気設備工事を行っています。
現場での職人さんへ、的確な施工指示を行う為の施工図の作成及び指示書の作成、施主様の要望と理想をかなえる為の技術営業と、要望・希望に応える製品を生み出す為の品質管理も行っています。
『施工・技術・品質・工程・安全』を管理し、お客様の要望に応えるのが、現場担当者の仕事です。

【仕事のやりがい】

 建築物が出来上がり、まず一番に受電した瞬間にやりがいを感じます。
照明や設備に電気が通い始めると、建物が姿を変えます。この瞬間今までの苦労が形となり、言葉にできないほどの感動を覚えます。
これまで、いくつかの建築物に携ってきましたが、同じ物は2つとありません。自分で考えたものが形になるのですから、世界に1つの建物です。「これは、自分が作ったんだ」という感動は、大きなやりがいにつながります。

【印象に残っている仕事】

村田製作所様 F棟新築工事
初めて現場所長として施工した物件であり、全ての決断を任されました。
意匠を重視した建築物でもありましたので、電気の占める割合も大変大きなものでした。当初は不安もありましたが、完成すると『やったんだ!』という達成感は今までにないものでした。

【東邦電気産業の強み】

 電気の中でも特高変電設備・高圧変電設備から制御シーケンス等にも強く弱電から機器制御また中央監視など電気における全てにおいて強い会社だと思います。

【入社を決めた理由】

 私が就職した時代は不景気の真っ只中でした。そこで、人が生活する上で必要とする『衣・食・住』のどれかの職に就こうと考え『住』を選びました。
中でも電気は、これから先の未来に一番可能性がある仕事だと考え電気施工管理の仕事を選びました。

【入社してよかったこと】

 僕はやるんだ!やりたいんだ!という気持ちで電気を勉強してがんばれば、どんな仕事もトライさせて貰えます。
現に私は、31歳という若さで株式会社村田製作所野洲事業所の顔となる建物の所長をさせて頂きました。

【職場の雰囲気】

 私は滋賀県の野洲営業所に所属しておりますが、野洲ではメンバー全員が明るく、解らないことなどは恥ずかしがる事も無く話し合える、とても良い環境だと思います。
また電気と言っても大変仕事の幅が広い為、それぞれが得意分野を持ち、情報や技術を互いに学び合い成長し合える。そんな雰囲気を持った職場です。

【就職活動中の学生のみなさんへメッセージ】

 物を形にする仕事は、とても大変な仕事です。しかし大変な仕事ほどやりがいもあり、達成感もあります。
『大変』という字は『大きく変わる』と書きます。自分を成長させる為にも大変な仕事かもしれませんが、一緒に大きく変わりましょう!